日本最大級の打ち上げ数を誇る「諏訪湖祭湖上花火大会」!長野で花火を楽しもう!

毎年夏になると花火が見たくてうずうずしている人も多いことでしょう。どうせみるなら大規模の花火大会に行きたいですよね。そんな人におすすめなのが、「諏訪湖祭湖上花火大会」なのです!お盆のタイミングで開催される花火大会なので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

【1.「諏訪湖祭湖上花火大会」の見どころは?】
何といっても「諏訪湖祭湖上花火大会」の見どころとなるのは1回の花火大会で4万発の花火を楽しめることです。この花火の数は国内でも最も多いと言っても良いでしょう。
そして全長約2㎞のナイアガラの滝など想像もつかないようなスケールの花火を見ることができます。他にも、水面から花火が出ているように見える水上スターマインという特別な花火も打ちあがり、大変盛り上がります。
また「諏訪湖祭湖上花火大会」は、バンバンという花火の打ちあがる音が印象的な花火大会だとも言われています。それもそのはず湖は四方を山に囲まれていて、近くの山に花火の音が反響するのです。花火好きは是非一度「諏訪湖祭湖上花火大会」に行ってみると良いでしょう。

【2. 諏訪湖の夏は毎晩花火が楽しめる】
実は「諏訪湖祭湖上花火大会」が行われている諏訪湖では、夏の間、毎晩花火が行われています。サマーナイトファイヤーフェスティバルというイベントで、花火の1回の時間は15分と短いですが、湖でのクルージングを楽しみながら花火を楽しめるなどロマンティックな時間を過ごせると人気なのです。
「諏訪湖祭湖上花火大会」に合わせてサマーナイトファイヤーフェスティバルも楽しんでみると良いでしょう。

 

【3.アクセスや混雑状況は?】
「諏訪湖祭湖上花火大会」へは、車を利用するだけでなく、電車で上諏訪駅まで行くこともできます。諏訪湖周辺には宿泊地も多くあるので、時間に余裕を持って会場に足を運ぶとよいでしょう。露店も会場周辺に多く出るので、早めについてお祭り気分を味わうのもおすすめです。
花火大会へは毎年約50万人が訪れるため、クルージング、屋形船、客席、またはホテルの部屋などから花火を見たい人はあらかじめ早めに予約をするように心がけておきましょう。

「諏訪湖祭湖上花火大会」では他では見ることができない迫力のある珍しい花火を思う存分見ることができます。その迫力はすごく、一度見たら忘れられないものになるはずです。お盆休みを利用して、諏訪湖周辺に旅行に行き、花火大会に参加するのもゆっくりできて良いかもしれませんね。