江戸時代の町並みの残る広島県竹原市のお祭り!「町並み竹灯り」に行ってみよう!

広島県の竹原市はで毎年夏に行われているのが、「町並み竹灯り」というお祭りです。広場や路地裏で光のアートが楽しめます!今回は、「町並み竹灯り」の魅力を紹介します。

【1. 「町並み竹灯り」の見どころは?】

「町並み竹灯り」では、古い町並みの中、竹から漏れる光を楽しむことができます。竹に掘られた模様の美しさとオレンジ色の光が情緒ある町並みにぴったりで、感動の情景を作ります。

その竹灯りの数は5000本にもなると言われ、町全体で竹灯りを楽しむことができます。繊細に作られた竹細工を見れば、竹にゆかりのある竹原らしい魅力を見ることができるはずです。特に照蓮寺の石段の下から見る光景や寺の池周辺は非常にきれいな竹灯りが見えるポイントです。

また竹原はNHK朝の連続ドラマ「まっさん」やアニメの「たまゆら」にも登場したため、「街並み竹灯り」では非常に多くの観光客が集まり、盛り上がります。

【2.竹原市を観光しよう!】

お祭りが開催される竹原市は見応えのある観光スポットがたくさんあります。

竹原市は塩生産で江戸時代に栄え、現在でもその頃の建築物が見られるため、「安芸の小京都」と呼ばれています。

特に美しいのが国に指定された「町並み保存地区」というエリアで、当時の酒蔵など貴重な建物を見ることができます。また山の高台に建てられた木村場やかぐや姫美術館など、他では見られない観光スポットもおすすめです。

また広島風焼きそばに酒粕の入った竹原焼きがご当地グルメなので興味がある人は試してみましょう!

【3.アクセスや混雑は?】

「町並み竹灯り」は市内の中心で行われているイベントです。効率的に竹灯りを見るためにも、竹原駅まで電車で行き、そこから徒歩15分ほど歩くと良いでしょう。

お祭り当日は、車を利用する場合、たけはら道の駅の駐車場は15時過ぎには満車になってしまうので、竹原小学校に設けられる駐車場などを利用しましょう。

お祭りの当日は町歩きをすることになるので、歩きやすい靴を履いて出かけましょう!竹原市の街並みは昼間も魅力的なので、会場周辺には早めに着き、観光を楽しみましょう。

「町並み竹灯り」は竹原市の魅力を存分に楽しむことができるお祭りです。江戸時代の街並みが竹灯りにマッチして、特別な夏の風情を感じることができるはずです。あなたもこの夏は竹原市に出かけてみましょう。きっととっておきの思い出ができるはずです。